スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間とは?

おはようございます、桃子です。
明けましておめでとうございます、本年も宜しくお願い致します。
新年になりましたね、2010年新たな気持ちでスッキリスタートといきたいんですが、例年よりも寒~いお正月になりましたね… 
寒過ぎて初詣でにも行けない桃子なのでした…
とは言え、皆さまにとって素晴らしい年になることを祈っていますよ…。

  では本年最初の桃子です。

桃; 今をどう生きるか… 
   この今が結局2012年につながってるんですもんね…。
   確かにまだどうもなってないことを取り上げて悩むこともないですよね…。
T; そうだね… まだ何も判ってないことに対してあれこれ心配するのは、
  肝試しで枯れ木を見て幽霊と勘違いするのと等しいよね…
   だからといって何もしないでボッーっとしててもいいって訳じゃないと思う
  よ。要はこの先地震が来ようが、隕石が降ろうが、その時までにしっかりと
  自分の生き方が出来るっていうか、例え人類が滅亡しようがその時に自分
  の人生が満足なものだったって思えるような準備をしておくというか生き
  方ができればいいんじゃないかな…
   2012年のことに限らず自分の寿命ということから考えても一緒だと思う
  んだけどね…。
桃; そうですね… 自分の生き方に満足して最期を迎えられれば、それで
  いいのかもしれませんね…。
   そのためには今目の前にあることをコツコツと、そしてワクワクとやって
  いけばいいんですかね。
T; うん、それでいいんじゃないかな… それともう少し「人間」というものを
  知っておいた方がいいんじゃないかな…。
桃; 人間を知るですか…? えっ、先生がこれまで話してくれた“思った方に
  シフトする”とか“人間は目的を持って生れてくる”じゃ足りないんです
  か…?
T; 足りないっていうか、もう少し人間の本質というか「人間とは何だ?」
  みたいなものを自分なりに理解しておくのがいいんじゃないのかな…。
  自分なりに人間というものを理解していれば、今回のように将来の生き方
  に不安を持ってしまうような出来ごとにぶつかっても惑わないというか、
  ぶれない生き方が出来るんじゃないかなって思うのさ…。
桃; ふ~ん… 惑わない生き方ね…?
   それで最初は何を話してくれるんですか?
T; そうだね… 「人間とは何か」にしようか…?

 … 新年の最初から随分と大きなテーマを扱うことになりました…。
  でもT先生が何を話してくれるのか、楽しみではあるんですけどね…。
  T先生、お年玉くれないかなぁ…? 

  次回は5日になります。3日~4日とお出掛けする用事がございまして…
  ごめんなさい。
  では5日をお楽しみにね
スポンサーサイト

テーマ : Happyになるために
ジャンル : 心と身体

元は一つ…?

おはようございます、桃子です。
 みなさんは素敵なお正月を過ごしましたか?今年はちょっと休みが短いように感じてしまいましたね。
桃子も3日、4日と親戚のお宅に行ってきました。久しぶりに親戚に会って食事をしながら話をするのはとても楽しかったですよ。でもお年玉は貰う方じゃなくて渡す方ですからね… 今年は例年になく痛かった…。
おかしいなぁ~ 日本は少子化のはずでは…。

 では続きです。

桃; 「人間とは何か…」なんて随分大きなテーマですね…。
   でもいきなり「何だ?」って言われても、それこそ何だ~って感じでよく
  判らないですよね?
   考えてみると人間って思ってるほど人間自身のことを理解していないの
  かもしれませんね…。
T; そうだね… きっと自分の使命なんかと同じで、人間はどういう存在なの
  か、自分は誰だなんて理解してる人なんていないんだろうね…。
   でも全部が全部判らない訳じゃない、判ってることもあるよね… 
   人は人から生まれてくる、突然どこからともなく現れてくる訳じゃない
  よね…
   このことだけでも人間は一人きりの存在じゃないし、自分勝手な生き方を
  してはダメなんだって思うんだよ…。
   確かにね、人は一人で生まれてきて一人で死んでゆく… 
  そんな淋しい一面を見る時もあるよね。
   でもね、人ってやっぱり凄いなって… 縦にも横にもしっかり繋がってるん
  だなって感じるんだよ。
   つまりね、何て言ったらいいのかなぁ… 人間って元は一つなんじゃ
  ないかって思うんだ…。
   大きな一つから色々と分かれたのが人間であり、今の自分なんじゃ
  ないかって…。
桃; 人間は元は一つ… その大きな一つっていうのは、つまり神様みたいな
  ものを言ってるんですか?
T; そうだよ、神様というか大きな創造の本源とでもいうか、そこから分かれた
  のが人間だって思うのさ…。
   決してどこかの空間ていうか宇宙とか違う次元で独り漂っていたものが、
  勝手に地球で人間として生まれてくるんじゃないってことだよ…。
   人は誰でも最初から善であって幸福や豊かさを求める… これだって
  人間の魂が何か共通のものから分かれたからだって思うんだ。その共通な
  大きな源は善であって幸福だからこそ、人間はそれを知ってて求めること
  ができるんだろうね…。
   それからね、「生まれてきた」って言ってるけどね、気が付いたらいつの
  間にか大元から分かれてこの世に生まれてたってことじゃないんだよ…。 
  自分の意思で生まれてくるのさ…
   だからね一生の間に様々な人と接するけどね、家族との繋がりは本当に
  特別なんだよ。
   言い換えるとね、桃子ちゃんは自分でお父さんとお母さんを選んで今の
  家庭に生まれて来たのさ…。

 … 人間は何か大きな源から生まれて来た… 
  そう思うと確かに人間は独りじゃないって思えてきますね。
  先生は家族との繋がりは特別だって言ってたけど、父母を家庭を選んで
  生まれて来たっていうのはどういうことなのかな…? 
  もし本当にそうなら桃子には選択の幅が少なかったのか… 
  そんなこと言ったら怒られますね。

  では明日も続きます♪    お楽しみにね  …

テーマ : Happyになるために
ジャンル : 心と身体

世の中は必然 !?

おはようございます、桃子です。
 新年も一週間近くになりましたが、皆さんは一年の計画を立てましたか?
桃子もいつもなら旅行やその他のイベント等の計画を立てるんですが、今年は中々立てられないんですよ…。
遊びの予定しかないのは計画とは云わない… 
なんて言われてしまった為でしょうか…
“一年の計は元日にあり”なんて言いますけど、元日は食べて飲んで寝てましたからね…

  では続きです

桃; ふ~ん… 先生が言う家族との繋がりは他人との繋がりよりも大事
  だっていうのは、何となく判るんですけどね…。
   自分が生まれてくる際に、自分の両親や家庭を選んで来るっていうのは
  どうなんですかね…?
   世の中には家族のことで悩んでる人って結構多くいますよね… 
  親と仲が悪いっていうのもそうですけど、中には親がいなくなったり棄て
  られたり、酷いと虐待されたりっていうのもありますよね…。
   そういった場合でも自分がその親や家庭を選んで生まれて来たって
  言うんですか…?
T; うん、そうだよ…。 一見酷い親や家庭に生まれてきたように見えても、
  それ自体自分で選択した結果なんだよ。
   桃子ちゃんに限らず多くの人は、その両親や家庭のところに偶然生まれ
  て来たって思ってるみたいだね…。
   でもね、世の中に本当に偶然ってあるのかな…?
   僕はね偶然に見えるような出来事でも、それは偶然なんかじゃなく必然
  だって思ってるんだよ…。
   偶然はその人が意図してないことが起きた場合を言うんだろうけど、前も
  言ったように人間は心に思ったことを達成するように、その方向に向かって
  一瞬一瞬を選択するんだよ。
   だから表面意識で気付いてなくても、潜在意識ではしっかりとその出来
  事を捉えているのさ…。
   それに、もし本当に偶然があるとしたらそのこと位不公平なことはないと
  思うんだけどね…
   人間は本当に自由な存在で、神様ですら人間が選択する道を変えること
  は出来ないんだよ。
   なのに潜在意識ですら認識していない、全然関係ないことに出合うことに
  なるんだったら、それはもう世の中で一番強力なのは神様でもなく“偶然
  だ”ってことになって、使命を果たそうと努力するのが馬鹿らしくなっちゃ
  うんじゃないかな…。
   いいかい、自分が今ある環境に生まれて来たのは誰のせいでもない… 
  自分でその環境を選択してきたんだよ…。  何のために…? 
  それは、それがその人の魂の成長に一番ふさわしいからだよ…。

 … 世の中偶然は無い、全ては必然だっていうのは何となく判っていた
  ような気がしてましたけど、今ある環境は家族のことも含めて全部
  自分が選択した結果だって言われると、やっぱり判ってなかったの
  かなって思いますね…。
  魂が成長するのに一番良い環境… 
  家族について改めて考えさせられます…。

   明日も続きます♪    お楽しみにね  …

テーマ : Happyになるために
ジャンル : 心と身体

家族は雛型…?

おはようございます、桃子です。
 本当に寒いですね… ちょっと前に暖房を点けましたが全然暖まらず、
白い息を吐きながらUPしています。
最近はいつもポットに熱いお茶を入れて飲みながらなんですが、UPが終わる頃にはお腹がガボガボって感じです…
このままじゃ水太りに…? 早く桜が咲かないかなぁ…

 では続きです

桃; 自分が今いる環境は自分で選択してきた… 表面的に見るとかなり酷い
  家庭に生まれて来たように見えても、それは決して偶然じゃないってこと
  ですね…。
   桃子にとっても今の家庭が一番魂が成長できるから、そこを選んで来た
  訳ですね…。
   う~ん… 嬉しいような悲しいような… なんか複雑だな…(笑)
T; あはは… 生まれる前から生まれ来るところも、生まれてからのその後の
  人生でさえも全部自分で決めるのさ…。 
  決して誰のせいでもないんだよ…。
   いい、何度も言うけど全部自分で決めて来たんだからね…。
   お父さんやお母さんと喧嘩しても、「こんなところに生まれて来なきゃ
  よかった…」とか「産んでくれなんて頼んでない…」なんて、そんな馬鹿な
  こと言っちゃダメだし思ってもダメなんだよ…。 
  さすがにその年齢じゃ言わないよね…。
桃; そんなこと桃子が言う訳ないじゃないですか…。
   それよりも、家族の繋がりが他よりも特別だっていうのは、まだ他にも
  あるんですか?
T; あるよ、家族・家庭は社会の雛型だからね… 会社や学校、地域社会で
  調和した生活が送りたかったら家族・家庭を大事にしないとね…。
   人は生まれる前は勿論のこと、生まれた後であっても必ず誰かと一緒
  にいるんだよ…。
   言い換えれば人は一生を社会の中で過ごす… その最初に自分で選択
  した社会が生まれ育った家庭なんだよ。
   社会の基礎は家庭で学ぶっていうのは当然のことなんだよ…。
   だからね家族の絆は勿論だけど、その家族・家庭の目的とか方向性を
  定めることって本当に大事なことなんだよ…。
   春に花見して夏に旅行して、冬にXmasパーティーして… 
  そんな遊びの計画だけじゃダメなのさ…。
   また、子供は勉強だけして有名な学校に入って、お父さんは学費と生活
  費ために給料を持ってくること、お母さんは家事をすること… 
  これだけが家族の目標でもダメなんだよ…。
   家族・家庭は社会なんだから… その一番小さな社会が成長できて、
  そのためには家族一人一人が何が出来るのか… 家族の間でそういった
  認識を持つことが何よりも大事なことなんだよ…。
   桃子ちゃんもお正月休みに、お父さんやお母さんと家族の方向性に
  ついて話してみたら…?
桃; うわぁ… 一年の初めから変な宿題出さないで下さいよ…。

 … 家族・家庭は社会の雛型だという先生の言葉には素直に納得して
  しまいました…。
  確かに辛いことも楽しいことも数多く併存していますよね…
  それにしても家族の目標だなんて… 
  今まで考えたこともなかったですね…

   では明日も続きます♪   お楽しみにね  …

テーマ : Happyになるために
ジャンル : 心と身体

砥石と刃物 !?

おはようございます、桃子です。
 この時期になると受験関係のニュースも多くなってきますね。
センター試験まで一週間ぐらいでしょうか…?
 T先生にセンター試験の話題を振ったら、「えっ? 僕のときは共通一次だよ…“受験生夜食の時間も共通1時”ってCMあったじゃん…」って言われてしまいました…
 そんなの知るか…!
 
 では、続きです。

桃; 家族は社会の雛型だっていうのは面白い例えですね… とてもすんなり
  イメージできましたよ。
   家族家庭は小さな社会で、その小さな社会がしっかりとしていることが
  学校や職場といった他の社会で上手くいくコツだっていうことですよね…。
   でも、家庭という小さな社会がしっかりというか上手に機能するためには
  どうしたらいいんですかね…?
   別に桃子だって年中親子げんかしている訳じゃないし… どちらかという
  と仲良くやっている方だと思いますよ…。
T; そうだね… 家族間の関係で一番大事なのは親との関係だよね… 
   一番難しいのもそれなんだけどね…。 僕自身もそうだったし周りの人達
  を見ててもそうだけど、親との関係が不調和だと他の社会との関係でも
  本当に支障をきたすようなことが起きてくるよね…。
桃; そういうものですか…?
T; 桃子ちゃんはね何だかんだ言ってもご両親と上手くいってるから判らない
  だろうけど、実際経験してみると自分の運の低下は親との不調和にあった
  なぁってしみじみ実感できるんだよ…。
   でもね、実際親と子の関係って何かって言うとね、それは互いの魂を
  切磋琢磨する関係なのさ…
   砥石と刃物の関係って言ってもいいかな… だからぶつかり合うのは
  当然、互いにこすれて火花散らしてっていうのも仕方ないのかも知れない
  ね…。
   でもそうやっていくうちに砥石はより良く砥げる砥石に、刃物はよく切れる
  使い勝手の良いものになっていくんだろうね…。
   だから成長していく過程で親と意見が対立するのは、ある意味正常な
  成長を遂げてる証拠なんじゃないのかな…
   でもね大事なのはここからだよ… どんなに意見が対立してすごく腹が
  立ったにしても、本当に世間的にはどうしようもないような親であっても
  自分の魂が成長する、つまりしっかりと切れ味の鋭いピカピカの刃物に
  なるには、その砥石であるその親が最適なんだからね…
   砥石である親との接し方は本当に重要だよ… 僕も中々判らなかった、
  判るようになったのもつい最近なんだよ…。

… 親子の関係って中々難しいですよね…
  でもこの世に生を受ける限り絶対に無視することのできないことなんで
 しょうね…
  T先生も色々と悩んで経験してるんですね、この先どんな話を聞かせて
 くれるのか楽しみです。 

  明日も続きます♪     お楽しみにね  …

テーマ : Happyになるために
ジャンル : 心と身体

tag : 家族 家庭 親子

プロフィール

小谷桃子

Powerd by
( 萌える!アバターメーカー)


Author:小谷桃子

ようこそ!桃子のつぶやき

桃子がこのブログを始めた理由

☆ T 先生のホームページ ☆
(PC用のHPです)



お知らせ
 いつも桃子のブログを応援下さいまして、ありがとうございます。
 新年に入りましてから、仕事が忙しくなりブログを定期的に更新することが困難になりました。
 ブログは不定期更新となりますが、続けて参ります。
 ご理解のほど、よろしくお願いいたします。
もくじ
最初から順番に読めま~す♪
リンク
おすすめブログです!
是非、よっていって下さいね
ブックマーク ・ RSS
最新コメント
あしあと

最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
桃子のつぶやきCM
みんなの検索サイト!

ブログパーツ.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。