スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砥石と刃物 !?

おはようございます、桃子です。
 この時期になると受験関係のニュースも多くなってきますね。
センター試験まで一週間ぐらいでしょうか…?
 T先生にセンター試験の話題を振ったら、「えっ? 僕のときは共通一次だよ…“受験生夜食の時間も共通1時”ってCMあったじゃん…」って言われてしまいました…
 そんなの知るか…!
 
 では、続きです。

桃; 家族は社会の雛型だっていうのは面白い例えですね… とてもすんなり
  イメージできましたよ。
   家族家庭は小さな社会で、その小さな社会がしっかりとしていることが
  学校や職場といった他の社会で上手くいくコツだっていうことですよね…。
   でも、家庭という小さな社会がしっかりというか上手に機能するためには
  どうしたらいいんですかね…?
   別に桃子だって年中親子げんかしている訳じゃないし… どちらかという
  と仲良くやっている方だと思いますよ…。
T; そうだね… 家族間の関係で一番大事なのは親との関係だよね… 
   一番難しいのもそれなんだけどね…。 僕自身もそうだったし周りの人達
  を見ててもそうだけど、親との関係が不調和だと他の社会との関係でも
  本当に支障をきたすようなことが起きてくるよね…。
桃; そういうものですか…?
T; 桃子ちゃんはね何だかんだ言ってもご両親と上手くいってるから判らない
  だろうけど、実際経験してみると自分の運の低下は親との不調和にあった
  なぁってしみじみ実感できるんだよ…。
   でもね、実際親と子の関係って何かって言うとね、それは互いの魂を
  切磋琢磨する関係なのさ…
   砥石と刃物の関係って言ってもいいかな… だからぶつかり合うのは
  当然、互いにこすれて火花散らしてっていうのも仕方ないのかも知れない
  ね…。
   でもそうやっていくうちに砥石はより良く砥げる砥石に、刃物はよく切れる
  使い勝手の良いものになっていくんだろうね…。
   だから成長していく過程で親と意見が対立するのは、ある意味正常な
  成長を遂げてる証拠なんじゃないのかな…
   でもね大事なのはここからだよ… どんなに意見が対立してすごく腹が
  立ったにしても、本当に世間的にはどうしようもないような親であっても
  自分の魂が成長する、つまりしっかりと切れ味の鋭いピカピカの刃物に
  なるには、その砥石であるその親が最適なんだからね…
   砥石である親との接し方は本当に重要だよ… 僕も中々判らなかった、
  判るようになったのもつい最近なんだよ…。

… 親子の関係って中々難しいですよね…
  でもこの世に生を受ける限り絶対に無視することのできないことなんで
 しょうね…
  T先生も色々と悩んで経験してるんですね、この先どんな話を聞かせて
 くれるのか楽しみです。 

  明日も続きます♪     お楽しみにね  …

テーマ : Happyになるために
ジャンル : 心と身体

tag : 家族 家庭 親子

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

No title

おはようございます。

共通一次って言葉 なつかしいですー。
桃子ちゃん 若いのねぇ(羨ましいー)

今回のT先生の説明 またまたわかりやすかったです。
本当にこの方 何者?と聞きたくなっちゃいますね。
親との関係に悩みつつ成長した人が、今度はわが子との関係に格闘したり・・・(私は子なしですけども、想像はつくので) いずれにしても、自分で選んだ家族。 離れられない、まさに磁石なのかな。

今日もありがとうございます。 よい一日を~。
(桃子さんは長女なのかな。 私もです。 末っ子に憧れましたネ。 私はお兄さんが欲しかったです♪)

No title

う~ん・・・
砥石と刃物ですか。奥が深いですね。

いつも刃物類は自分で研ぐからわかりますが、砥石が良くないとどんな立派な刃物でもうまく研げないんですよ。
人間の親子関係そのままですね。

おはよーございます。

「子は親の鏡」 「親もまた子の鏡」なんですよね。
親も子によって親として成長している。
だから「子を持って知る親の恩」なんてぇ言葉がある。

ある程度の年齢になったら、膝突き合わせて目を見て話す事が必要です。
余談ですが、、、
長男が中学生時代に悪さをして、殴った事がありました。
あの時の胸に感じた痛さは、殴った手よりも痛かったぁ。

シャイドリーマーさんへ

シャイ姉ちゃんも共通一次… 耳慣れた言葉だったんですね。
 いつからセンター試験になったんだろ?

 T先生に何者? なんて聞くと「生物(なまもの)」なんて答えが返ってきそうなので、そこは置いときましょうね…(あっ、T先生ごめんなさい)i-230

 シャイ姉ちゃんの言う通り、“家族”はどんなに離れてても磁石のように引き合う不思議な関係で、“親子”は砥石と刃物の関係。
 お互いに切磋琢磨し合うから、より強力な磁石になっていくのかもしれませんね。
 喧嘩中の2人を見ては、「喧嘩するのは仲の良い証拠」なんてよく言ってましたが、絶対に理解して貰えるっていう信頼関係が根底にあるから、言いたい放題言えるのかもしれません。
 う~ん、どうなんだろ。いつかシャイ姉ちゃんやT先生の言うことを心底理解できる日が来るといいな…。

 うさぎちゃんのショートショート、「うんうん、そうだよね…。」と思いながら読ませていただきました。あっちの世界って、とっても平和なんでしょうね。生を全うして生きたからこそ持って行ける至福の喜び。地球から持って帰らねば…ですね♪
 T先生にもお話したら、是非読んでみたいって言ってました♪
ありがとうございました! 

銀蔵さんへ

銀蔵さんは刃物も研ぐんですね…。
なんて家族思いな…。
包丁って、切れないと手とか切りそうで怖いんですよね。
娘さんが台所のお手伝いをするときも、これなら安心です。

 T先生に聞いたところ、人間の親子関係に例えられる砥石と刃物は、刃物の方が砥石を選んでやってくるそうです。だから、その刃物を砥ぐのに、世界で1つしかない貴重な砥石は、他のどこを探してもないものだと思うのですが…。
 刃物自身、砥石自身も立派になる努力をすることを忘れてはいけませんね♪
 コメントありがとうございました♪

ボスさんへ

親がありがたいのは判っているんですが、そのありがたさについつい甘えてしまって、美味しいものを食べ続けるとその美味しさが判らなくなってしまうように感謝の思いを忘れてしまうようです…
ボスさんは殴ったとき心が痛かったって書いてありましたが、やはりそれはT先生の言うように「親の言葉にはどんな状況であっても子を思う気持ちが含まれている」ということの現れなんでしょうね…
辛い思い出をわざわざ話して下さって本当にありがとうございます。
プロフィール

小谷桃子

Powerd by
( 萌える!アバターメーカー)


Author:小谷桃子

ようこそ!桃子のつぶやき

桃子がこのブログを始めた理由

☆ T 先生のホームページ ☆
(PC用のHPです)



お知らせ
 いつも桃子のブログを応援下さいまして、ありがとうございます。
 新年に入りましてから、仕事が忙しくなりブログを定期的に更新することが困難になりました。
 ブログは不定期更新となりますが、続けて参ります。
 ご理解のほど、よろしくお願いいたします。
もくじ
最初から順番に読めま~す♪
リンク
おすすめブログです!
是非、よっていって下さいね
ブックマーク ・ RSS
最新コメント
あしあと

最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
桃子のつぶやきCM
みんなの検索サイト!

ブログパーツ.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。